お知らせ

東日本大震災で持続型オゾン水NAnO3が活躍

東日本大震災で被害を受けた大槌町の水産加工工場(腐臭の発生源:地下タンクがあり、汚水が停滞貯留)にてオゾン水NAnO3が活躍しました。
オゾン水製造装置搭載トラックから散水用トラックに詰め替え、オゾン水NAnO3を水4tを散水しました。

以前より格段に臭いが減った。
自動車から外に出られないほど臭いが酷かったが、外でタバコが吸えるようになった。
など、消臭効果についての地元からの嬉しい声を頂きました。

写真

ニュース一覧へ