ナノバブル酸素水について

酸素を水が運ぶ

肺呼吸以外の方法で、身体に安全に酸素を供給する方法は酸素水によって可能になったと考えられる。
酸素水の酸素は呼吸で摂取される酸素に対し、体の臓器に伝達・吸収される速度が10倍以上も速く、飲用した水分は口腔・食道・胃・腸の粘膜から血管に吸収され、血液の血漿成分となる。
腸から吸収され、血液に入るとその全量が肝臓に向かう。
従って、肺から心臓そして動脈を経由して供給される酸素に加え、より多く内臓に届くということになる。

血中酸素飽和濃度計で指先の部位を測ると、酸素水を200~400ml飲用後、約10分~30分経過後に血中酸素濃度が増加することが比較的容易に観察でき、酸素が消化器系から血中に吸収され、ヘモグロビンと結合したことを示している。
酸素は肺だけでなく、水によって消化器系からも摂取できる様になると言える。