水素水とは?

活性酸素と抗酸化物質

活性酸素

人は栄養と酸素でエネルギーを産生していますが、細胞内で酸素が燃焼される過程で活性酸素という酸化力の強い物質も生産されます。 この活性酸素は細菌やウィルスを攻撃して体を守る働きがあります。

活性酸素は生体活動以外にストレスや紫外線などさまざまな生活環境・生活習慣でも過剰に産生されます。つまり、体内環境が酸化環境になっているのです。

病気・老化の原因

人の体内には元々活性酸素を分解する抗酸化酵素が備わっていていますが、過剰に生産された活性酸素は抗酸化酵素だけでは、体内の酸化を抑制することができなくなっています。
分解されきれなかった活性酸素は、逆に正常な細胞を傷つけたり、過酸化脂質を発生させて、がんや動脈硬化などを引き起こします。 この身体に害となる余分な活性酸素が生活習慣病や老化の元凶と医学界では言われています。

抗酸化物質

この余分な活性酸素を分解する働きを持つものが、水素、ビタミンC・E、ポリフェノールなどの抗酸化物質です。 水素は化学の定義からいっても究極の還元剤であり、過剰な活性酸素を消去できる力があると考えられています。

水素は活性酸素と結合して水となり体外へ排出され、余分な水素は呼吸と共に放出されるので、身体に害を及ぼすことなく還元します。
活性化酸素と水素の図

水素の特長

水素は抗酸化作用物質であり、酸化された細胞などを還元させるものと言われています。 水素の最大の特長として、同じ抗酸化物質と言われるビタミンやポリフェノールも通り抜けられない脳内の血液脳関門を通過できます。 水素を飲料水として手軽に摂取するために、ナノバブル技術を用いて水素を高濃度で安定化させたものがナノバブル水素水です。

水素の細胞還元力

水素はその還元力で老化などに結びつく余分な活性酸素と結合して無毒化し、侵された細胞を元に戻す力を秘めています。 約21種類も分類される活性酸素ですが、代表的なものは4種類。その中で最も酸化力が強い活性酸素(ハイドロキシルラジカル)に水素は選択的に還元させます。

  • 最小分子である水素は細胞膜を容易に通過して、活性酸素と結合して侵された細胞を元へ戻す。
  • 活性酸素と結合して水となり、体外へ排出される。その際余分な水素は呼吸とともに放出される。

水素水で改善が期待できる症状

活性酸素・フリーラジカルが関わる主な疾患

代謝・内分泌
糖尿病、メタボリックシンドローム、高脂血症
循環器
動脈硬化、心筋梗塞、不整脈
脳神経系
脳梗塞、脳出血、認知症、アルツハイマー病
消化器
胃炎、胃潰瘍、胃がん、肝炎、肝硬変、 潰瘍性大腸炎
呼吸器
ぜん息、肺炎、肺気腫、肺繊維症
血液系
白血病、敗血症、血小板異常症
皮膚
アトピー性皮膚炎、火傷
泌尿器
糸球体腎炎、ED、間質性膀胱炎
間質組織系
関節リウマチ、膠原病
眼科
白内障、加齢黄斑変性
腫瘍
喫煙による発がん
医原性疾患
薬物障害、制がん剤の副作用
環境汚染性疾患
重金属障害、排気ガス性肺障害
その他
老化、紫外線によるシミ・シワ、加齢臭

著者:おおたふみあき著/太田成男監修 出版社:産学社
「水素水の話」より