フコイダンとは?

フコイダン

フコイダンは海草類などの粘着物質に含まれる「硫酸化フコース」を主成分とした多糖類の名称です。
1996年日本癌学会にて制癌作用が報告されてから健康食品として注目を浴び、 2005年慶応義塾大学、木崎昌弘らの研究により人間の悪性癌リンパ腫の細胞を自滅に追い込むことが発見されています。
フコイダンは制癌作用を期待できる成分であると数多くの論文・発表例があり、その他健康の維持・増進のための最先端素材として医療・食品業界から注目されています。

フコイダンの摂取

フコイダンは主に海草類(もずくに多く含まれる)を摂取することで得られますが、人間は海草類を消化する酵素を持っていないため、海藻を食べてもフコイダンはほとんど体内に吸収されません。
1日数グラムのフコイダンを摂取しようと思うと、数キロのもずくなどを食べなければいけません。

身体に効率よく摂取するには、予め海藻からフコイダンを抽出して体内に取り入れる必要があります。 当社はフコイダンを独自製法にて抽出していますが、1kgのもずくから1gのフコイダンしか採れないとても貴重なものです。

フコイダン関連の論文・発表例

●フコイダンにがん細胞の正常細胞への復帰作用を確認
札幌医科大学附属臨海医学研究所/高橋延昭助教授(1992年)
●フコイダンによるがん細胞のアポトーシス様消滅を「日本がん学会」で発表
三重大学生物資源学部/田口寛教授(1996年)
●フコイダンが人間の悪性リンパ腫の細胞にアポトーシスを起こさせることを確認
慶應義塾大学/木崎昌弘専任講師(2005年)
●モズクの主成分フコイダンにがん細胞の転移を阻止する効果を確認
岡山理科大臨床生命科学科/浜田博喜教授(2006年)
●フコイダンのアポトーシス作用、血管新生の抑制作用、免疫力強化作用を解説
九州大学大学院/白畑博隆教授 「新しいがん治療」(2010年発刊)