ビタミンC誘導体「AA-2G」とは

ビタミンC誘導体「AA-2G」とは

1989年、岡山大学薬学部教授(現在岡山大学名誉教授)の山本 格氏は極めて安定なビタミンC誘導体「配糖化アスコルビン酸」を発見しました。 その後、構造解析を経て化学構造が L-アスコルビン酸2-グルコシド(通称:AA-2G)と決定されます。

ビタミンC誘導体「AA-2G」はビタミンCの構造の中の酸化還元に関する2位の水酸基にグルコースがα-配位で結合した化合物であり、酸素の攻撃を受けないため通常のビタミンCと異なり、酸化、熱、光、水、重金属に対して極めて安定しています。
「AA-2G」は生体に適用する(皮膚への塗布、服用など)と細胞、組織に存在する酵素によってビタミンCとグルコースとに分解され、栄養素として本来の作用を発揮します。 体内に有害物を作らない理想的な物質で高い安定性、安全性が認められました。

ビタミンCには従来より知られている抗酸化、コラーゲン産生、促進メラニン産生抑制、サイトカインの誘導作用、抗体産生増強、神経突起伸張作用、サイトカイン依存性作用のあることが発見されています。
ビタミンC誘導体「AA-2G」は、L-アスコルビン酸2-グルコシドの略称で通常壊れやすく不安定なビタミンCにバイオの力でグルコースを結合し、熱・光・水・空気に対し壊れにくくした安定・持続型のビタミンCです。

ビタミンC誘導体(配糖体)「AA-2G」の特徴

ビタミンC誘導体(配糖体)「AA-2G」の特徴

1. 安定性が高い

ビタミンCは空気や水溶液中の酸素と反応して、容易に分解されてしまう性質があります。 したがって、ビタミンCを豊富に含む野菜や果物も、煮たり、焼いたり、水中に放置したりするとそのビタミンC含有量は急速に低下してしまいます。 ビタミンCの構造には酸素と反応しやすい部分があり、そこに酸素が結合すると簡単に壊れてしまいます。

一方、ビタミンC誘導体「AA-2G」はバイオ技術でビタミンCの酸素と反応しやすい部分にブドウ糖を結合させたものですので、酸素がビタミンCを攻撃できなくなり、安定な状態を続けられるようになりました。 「AA-2G」は、酸素・水・光にも安定した状態を保ちます。また熱に対しても、100℃の水溶液で3分間、40℃で90日間以上安定した状態を保ちます。

2. 安全性が高い

「AA-2G」が体の中で酵素分解してできる物質はビタミンCとブドウ糖のみであり、ブドウ糖は私達が普段の食事で摂取している体のエネルギー源としてなくてはならない物質です。 有害な物質は一切発生しません。

また、大量投与によっても毒性はなく、アレルギーを引き起こしたり、遺伝子を壊したり、ガンを発生させたりしないことが実証されています。 身体の中でグルコースとビタミンCに分解され、ビタミンCは本来の作用を発揮し、グルコースはその本来の働きである脳や身体のエネルギーとして利用されます。

ビタミンC 血中濃度の推移

3. 持続性が高い

通常ビタミンCは摂ると急速に吸収され、一時的に血中ビタミンC濃度がある程度高まりますが、その大半が尿としてすぐ排泄されてしまうため持続性に欠けます。

「AA-2G」は体内に入ると腸に存在する分解酵素によって徐々に分解を受けてビタミンCとして吸収され、長時間にわたってビタミンCが血液中に供給され、無駄なく体に利用されます。
血液中からなくなるまでの時間は通常のビタミンCに比べ約3~6倍長いことが証明されています。そのため通常のビタミンCと異なり頻繁に摂取する必要はありません。有効性が高い理由はここにあります。

医療の現場でも驚異のビタミンC誘導体「AA-2G」配合 FUCO LABO S/EX

ビタミンCは一時的に大量摂取しても、血中濃度を持続させることなく30分程度の短時間で体外に排出されます。
これでは十分に体に取り入れるには一日に何回も摂取が必要になります。

この問題を一挙に解決したのが、岡山大学薬学部教授 山本 格氏が開発した世界初のビタミンC誘導体「AA-2G」です。 ビタミンCにグルコースを結合させたビタミンC誘導体「AA-2G」は体内でゆっくり吸収され、血中濃度を保ち24時間かけて効率よく細胞に吸収されます。

通常、経口で摂取されたビタミンCの細胞への吸収は、SVCT(ナトリウム依存性ビタミンC輸送体)というビタミンC専用のレセプターによって制御されます。 「AA-2G」は細胞に利用されるために結合したグルコースを切り離すことによって、αグルコシターゼの反応もその吸収の制御に関わらせました。 そのため通常のビタミンCに比べ、2つの反応の関与によってなだらかに吸収されます。

当社製品、フコラボ SとEXはこの山本名誉教授が世界で初めて開発したビタミンC誘導体「AA-2G」を従来のフコイダン入り水素水 FUCO LABO(フコラボ)に添加し、パワーアップした商品です。
現在、相模原中央病院をはじめとした医療の現場でも患者さんに勧められています。