工場長あいさつ

We do these things!(これからのことをしよう!)

株式会社リーウェイ 忍野村工場長 渡辺泰三

ナノバブル水素水製造会社は世界に2つしかありません。
株式会社リーウェイとその他です。

私たちは毎日泡を造ってます。
直径が80nm(ナノメートル)の非常に小さな気泡です。nm(ナノメートル)は、1メートルの10億分の1(地球の直径の10億分の1のものは1円玉の直径になります)です。
この小さな泡がたくさんの人のこれからを創造します。

霊峰富士に降る雨と、降り積もった雪が70年の時をかけて湧き出る伏流水と、特許技術ナノバブルテクノロジーとの邂逅は、フコイダン入り水素水「ナノバブル水素水フコイダン FUCO LABO(フコラボ)」を圧倒的なユニークさを持つ世界最高峰のサプリメント機能水へと押し上げました。

近年日本人の健康意識がますます高まる中で、様々な健康関連商品が淘汰され本物しか生き残れない時代になってきました。 本物といえる唯一の条件は科学的なエビデンス(根拠)を持っている事です。
単なる一般論的なエビデンスではなく、その商品が持つ潜在能力が証明されていなければなりません。 私たちが製造するFUCO LABO(フコラボ)には業界トップクラスの実力があります。 ナノバブル数1500万個/1.0cc、水素要存量1.2ppm、酸化還元電位-650mv(水素水として)、この事実こそ長時間の水素要存を可能にしたナノバブルテクノロジーです。
更に医療の現場で注目される沖縄モズク抽出の最高級フコイダンを、体への吸収を最優先に特殊技術によりナノサイズ分子量までにして水素水と混合しました。

FUCO LABO(フコラボ)には20分かけて体の隅々まで駆け巡った結果の様々なデータがあります。
FUCO LABO(フコラボ)に対して興味をお持ちになられたら、ぜひお問い合わせフォームを活用下さい。
FUCO LABO(フコラボ)開発責任者が懇切丁寧にお答え致します。

商品の発送準備をしている時間は私にとって至福のときです。FUCO LABOが誰かの元に届き、ドラマを創り出すことを思い描いていると心が温かくなってきます。それはきっと誰かが笑顔になるお手伝いができる喜びでしょう。
発送準備が終わる頃、赤く染る富士山を眺めながらこう思います。

私の耳は世界で一番健康を取り戻した感謝の声を聞いた耳でありたい。

私の声は世界で一番「良かったですね」を音にした声でありたい。

私の腕は世界で一番FUCO LABO(フコラボ)を製造した腕でありたい。

だから今日も、これからもがんばれます。

We do these things!(これからのことをしよう!)
小さな泡とともに。

富士山がそこにあり続けるのと同じように私はこの忍野村におります。
工場見学などで皆さんに直接お会いできる事を心より楽しみにしております。

2012年1月某日 雪の忍野村にて